年賀状 賀詞の種類と意味

MENU

年賀状によく使われる賀詞の種類と意味

年賀状

 

年賀状のデザインを考える時に、誰に送るのかということを踏まえて賀詞を選ばなければ礼を欠くことになります。
最もふさわしい賀詞を書くためにも、それぞれの意味を調べましょう。
会社の上司や学生時代の恩師など目上の人に対して送るときには、「謹賀新年」「恭賀新年」といった四文字の賀詞がよく使われます。

 

 

敬意を示したいときには「恭賀新年」

年賀状

 

 

「謹賀新年」は「謹んで新年のお祝いを申し上げます」という意味で、「恭賀新年」は「恭しく新年のお祝いを申し上げます」という意味です。
どちらかというと「恭賀新年」のほうがより丁寧にお祝いをする形になりますから、敬意を示したいときには「恭賀新年」にしておくとよいでしょう。
文章のようにお祝いをしたいときには、謹賀新年の意味をそのまま使ったり、「初春を寿ぎ謹んでお喜びを申し上げます」と書くこともあります。
初春を寿ぎ」というのは初春の季語で、もう少しわかりやすく書けば、「正月のお祝いを謹んで申し上げます」ということになります

 

縁起のよい言葉、正月を祝う言葉を

年賀状

 

 

相手によって賀詞を変えることが大変ならば、「謹賀新年」「恭賀新年」を書いておけば大丈夫です。
友人・知人・部下など相手が同格、目下の場合には「寿」「福」「春」「禧」「賀正」「迎春」「あけましておめでとう」といった賀詞を用いることが出来ます。
意味としてはいずれも、縁起のよい言葉、正月を祝う言葉です。
デザインが印刷されている年賀状には、このような1文字、2文字の賀詞が入っているものもありますが、目上の人に対して出してしまうと失礼なので気をつけましょう。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


年賀状によく使われる賀詞の種類と意味


ネットで安く年賀状!ネットスクエア