年賀状 いつまで

MENU

いつまでが年賀状?

年賀状

 

年賀状は年のはじめの挨拶として、古くから現在まで続けてきた風習です。
気になるのは、いつまでに出すべきかという点であり、これを外すと失礼になりかねません。
基本的に年賀状というものは、松の内に出すべきとされています。
松の内とは1月7日が期限であり、それ以降は寒中見舞いとなるため、注意が必要です。
最近では気にする人も少なくなりましたが、松の内以降になると本来は年賀はがきも使えなくなります。

 

年賀状を出す期間について

年賀状

 

目上の人に返信をしなければならない場合、7日以降は寒中見舞いの形式で送っておけば安心です。
せっかく松の内に間に合うように出したのに、期限内に届かなければ意味がありません。
急いで準備した甲斐もなくなってしまいますよね。
このシーズンは郵便局がもっとも混み合います。
なおかつ真冬だけに、自然災害による遅れも考慮したいものです。
年賀状を元旦に届けたい場合には、遅くとも25日までに出すようにしましょう。

 

期限を守りましょう

年賀状

 

あまり早く出しすぎても年賀状扱いにならないことがあります。
通常郵便と間違えられないよう、特別扱い期間が開始される15日以降に出したほうが無難です。
もしクリスマス以降に年賀状を用意できた場合は、各地域を管轄する中央郵便局に出すと、元旦に届く確率が高まります。
専用投函口が設けられていることもありますので、しっかり確認しておくことが肝要です。
年始に礼を尽くすことは、今後の人間関係にもいい影響を与えてくれます。
期限を守って、お世話になった人へ年賀状を送っていきましょう。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


いつまでが年賀状?


ネットで安く年賀状!ネットスクエア