年賀状 書き損じ

MENU

書き損じた年賀状はどうしたらいいの?

年賀状

 

今はメールやLINEなど様々な連絡手段があるので、手紙やハガキを利用する機会が減っています。
そんな方でも利用するのが年賀状です。
今はパソコンを使って住所氏名などを記入することもあるでしょう。
しかし、インクが切れそうな時や間違って入力してあった場合は、印刷ミスをしてしまったり綺麗に印刷できないことがあります。
手書きの場合はさらに書き損じが多くなるかもしれません。

 

書き損じは有効活用できます

年賀状

 

郵便番号や住所、名前などを間違ってしまうと、近親者でも失礼になってしまうので、そのまま送るのは避けましょう。
そんな書き損じの年賀状をもう使えないと思って捨ててしまう方がいますが、もっと有効に使う方法があるのをご存知でしょうか。
書き損じの年賀状をどうしたらいいのかというと、郵便局で未使用のハガキに変えてもらうことができます。
今では、コンビニやホームセンター・スーパーや雑貨店など、年末になるとどこでも年賀状を販売していますが、引き換えは簡易郵便局を除く郵便局の窓口のみです。

 

手数料を払えば交換も可能

年賀状

 

交換できるのは通常切手、くじ引き番号のない郵便ハガキ・郵便書留・特定封筒、販売期間中であればくじ引き番号付きの年賀状に交換してもらえます。
その際の手数料は年賀状、ハガキ、切手の場合は1枚5円です。
年賀状を書き損じてしまった場合、手数料はかかりますが、未使用のものに交換してもらえます。
ただ捨ててしまうと勿体無いですよね。
間違ってしまった場合はとっておいてまとめて郵便局で交換してもらうことをオススメします。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


書き損じた年賀状はどうしたらいいの?


ネットで安く年賀状!ネットスクエア