年賀状 敬称

MENU

年賀状の敬称の使い方

年賀状

 

敬称の使い方は、とても重要なものです。
年賀状などは、親しい友人などに出すことも多く、とくに最近では可愛い年賀状も増加しているため、気軽に印刷機などがなくても出せます。
簡単に出せる年賀状で気をつけたいのは、誤った敬称の使い方です。
相手との関係を考えて、きちんとした敬称を使うように心がけましょう。

 

 

親しき仲にも礼儀あり

年賀状

 

親友などに出すときに、よく「様」をつけずに、そのまま親友の名前のみを書き、差し出すケースがあります。
これはいくら親しい間柄であっても、大変失礼にあたるものであり、これが原因で絶遠をされた、という人も少なくありません。
通常、人名の後には必ず、様、をつけることが礼儀となっています。
お世話になっている会社などに年賀状を出す場合には、「様」ではなく、「御中」が敬称の使い方として、正しいものです。
会社にも「様」とつけてしまうケースがありますが、これは誤った書き方なので注意しましょう。

 

恩師には「先生」で

年賀状

 

この他に敬称の使い方として、悩みどころとなるものがあります。
それはお世話になった恩師への年賀状の場合です。
上記の限りであれば、「様」とつける形になりますが、恩師の方へは、「先生」とつけるほうが気持ちのいいものだ、と受け取ることもあります。
「先生」という名称は、相手を尊敬する言葉です。
失礼にはあたりませんし、教え子からこのように先生と書いてもらった年賀状をもらうことは嬉しいことでもあるでしょう。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


年賀状の敬称の使い方


ネットで安く年賀状!ネットスクエア