年賀状 近況報告

MENU

年賀状で近況報告だけの友人には出すべき?

年賀状

 

近年では、年賀状をやめる方が増えています。
高齢や病気で年賀状を出すのが大変になってきた方、義務感だけで出すのが負担になってきた方など、それぞれに事情があるでしょう。
会う機会の多い人であれば、普段の挨拶で事足りることも多いのです。
年賀状で近況報告をし合うだけの友人であれば、普段はそんなに会う機会がありませんが、親しくお付き合いをした時期は何年も前でしょう。
人間関係も現在お付き合いをしている方だけで良く、忙しい年末の時期に年賀状を書くのに時間がかかって辛いのであれば出すのをやめてもよいかもしれません。

 

喪中はがきについでに「お断り」を書く

年賀状

 

やめるのであれば、思わぬところで人間関係を壊さないように、事前に年賀状お断りの通知を出す方がマナーに適っています。
面倒に思えるでしょうが、喪中欠礼を出す時期に挨拶を兼ねた通知状を送ってみてはいかがでしょうか。
相手が年賀状を書く前の11月中旬〜12月初旬までに手紙を出しましょう。
高齢や病気が理由であれば、そのために手がおぼつかなくなり、書面が出せるうちに挨拶状を送ったこと、以降は年頭の挨拶状のやり取りは失礼したいことを記載しておくとよいでしょう。

 

 

断っても送られてくる場合は寒中見舞いを

年賀状

 

義務感から負担になる場合は、その通りに記載すると角が立ちます。
心苦しいのだが、年賀状のやり取りは失礼することにした、と記入しておきましょう。
個人情報が漏れるのを心配する方は、住所や氏名が漏れて嫌な思いをしたのでやめることにしたと書いてもよいと思います。
そのように周知しても、出してくる相手はいるでしょう。
その場合は、寒中見舞いを送って、再度通知してみましょう。
それ以降送ってくるのであれば、こちらから通知を出しているので、気にする必要はありません。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


年賀状で近況報告だけの友人には出すべき?


ネットで安く年賀状!ネットスクエア