年賀状 縁起の悪い表現 避ける

MENU

年賀状は縁起の悪い表現は避ける

年賀状

 

年賀状が届くのは元旦です。
元旦と言えば、一年でもっともおめでたい日とされています。
結婚式などにタブーな表現がある通り、年賀状にも縁起が悪い表現は避けなければいけません。
過度に神経質になる必要はありませんが、悪口や放送禁止用語などは避けるのが無難でしょう。
それこそ冗談が通じる悪友同士で、ブラックジョークをあえて年賀状に用いる、といった楽しみ方は確かにあります。
しかし、いわゆる普通の友達や親戚の方々に、縁起が悪い表現の年賀状を送るのはやめましょう。

 

社会人としてマナーを守りましょう

年賀状

 

なぜかというと、社会人としてマナーやモラルの意識が低い人物だと見られてしまうからです。
単純に、元旦という神聖な日に縁起が悪い表現を見てしまうと、それだけで相手は気分を損ないます。
人によって縁起が悪いと感じるポイントは様々です。
カラスや黒猫なども、元々は日本では縁起がよい動物でした。
今では不幸の象徴のようになっていますが、いつの間にかポジティブとネガティブが入れ替わっています。

 

ポジティブな内容にしましょう

年賀状

 

世間一般の常識においてネガティブに見えるイラストや表現は避けるのがベターです。
「切れる」や「だめになる」や「落ち込む」や「別れる」等のネガティブな表現は極力避けるべきといえます。
日本語として置き換えが可能であれば、全てポジティブな言い回しに置き換えましょう。
離婚の話や借金苦の話、政治や経済の不安などの話題を年賀状に盛り込むのは、そもそもNGです。
年賀状は基本的にポジティブな話題にしましょう。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


年賀状は縁起の悪い表現は避ける


ネットで安く年賀状!ネットスクエア