年賀状 失礼

MENU

普通のはがきで年賀状を出すのは失礼?

年賀状

 

年賀状を出す時には年賀はがきを利用するのが一般的です。
もしも普通はがきが余っている場合、年賀状として利用したくなる場合もあるのではないでしょうか。
普通はがきを年賀はがきとして利用してもよいのかどうかですが、利用の可否については全く問題ありません。
年賀状としても出すことができるはがきですから、利用することは可能です。

 

普通はがきで出す場合の注意点

年賀状

 

普通はがきを年賀状として利用している人をたまに見かけますよね。
普通はがきで出す場合は、赤字で年賀と記載しておいた方がよいでしょう。
そうすることで年賀状扱いとして、元日に到着するように手配してくれます。
このように、普通はがきを年賀状として利用すること自体は問題ありませんので、使いたい場合にも不可と考える必要はありません。
ただ、受け取る人によってはもしかすると「普通はがきで送ってくるなんて」とか「年賀状が足りなかったのかな?」と失礼と捉えられてしまう可能性があるため、その点は注意が必要です。

 

大事な相手には年賀はがきを

年賀状

 

一般的に年賀状と言えば、年賀はがきで出すものと考えられています。
中には年賀はがきで送ってくるのが普通と考えている人もいるかもしれません。
仮に相手がそうした考えを持っている場合ですと、普通はがきを利用することで手抜きのように感じられてしまい、よい印象を持たれないことがあります。
そのようなことを防ぐために、普通はがきでも問題はないものの万一のことも考えて、とくに大事な人に送る時には年賀はがきを利用した方が無難とえるでしょう。

 

普通ハガキのデメリットを回避する方法

年賀状

 

普通はがきを利用することの問題の一つに、お年玉くじが付いていないという点も挙げられます。
毎年恒例の楽しみとして考えている人もおり、普通はがきですとがっかりさせてしまうかもしれません。
そのようなときには年賀切手を使いましょう。
そうすることで普通はがきにもくじを付与することが可能になり、お年玉くじがなくてがっかりさせずに済みます。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


普通のはがきで年賀状を出すのは失礼?


ネットで安く年賀状!ネットスクエア