年賀状 対処

MENU

年賀状出し遅れた場合の対処法

年賀状

 

郵便局で年賀状の受付と言っているのは、元旦に届くためのものです。
12月15日〜25日が受付期間ですが、仮にこの間に出すことができなくても、問題はありません。
単に元旦に届かないというだけです。
松の内(1月7日)までは、年賀状が届いても問題はありませんので、出し遅れた場合もそのまま投函してかまいません。

 

7日を過ぎたら寒中見舞いを

年賀状

 

自分が出していなくて相手から届いた場合なども、すぐ出せば7日までに届きます。
その場合は消印が押されませんので、何日に投函したか相手にはわかりません。
問題は、相手方へ届くのが1月7日を過ぎてしまう場合です。
この場合は、新年の挨拶である「明けましておめでとうございます」や「謹賀新年」ではなく、「寒中お見舞い申し上げます」となります。
7日を過ぎるかどうか不確かな時は、7日を待って寒中お見舞いを出すようにしましょう。
寒中お見舞いを喪中で年賀状を貰ったときの挨拶と勘違いをしている人が結構いますが、それは違いますので覚えておいてください。

 

できれば遅れずに年賀状を投函しましょう

年賀状

 

15日位まで新年の挨拶で送る人いますが、受け取った相手がきちんとした方なら、不快感を覚えるかもしれません。
そんな危険は犯さないほうがよいでしょう。
とは言っても、年賀状の受付期間はかなり早くから公示されますから、できれば遅れないことが一番望ましいことです。
親しい友人であれば、年賀状を出し遅れてしまった場合は、メールにするという方法もあります。
これは上司などの目上の方には通用しないため、注意が必要です。

 

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


年賀状出し遅れた場合の対処法


ネットで安く年賀状!ネットスクエア