年賀状 由来

MENU

年賀状の由来とは

年賀状

 

年末が近づくと、親戚や友人、会社関係者やお世話になった人たちに、感謝の気持ちとこめて年賀状を準備する時期になります。
普段は疎遠になっている人たちにも、年賀状を出すことであいさつ代わりになったり、近況報告を行う手段として多くの人が利用しているでしょう。
最近はメールで簡単に年賀の挨拶を終わらせる人もいますが、年賀状はすでに日本の正月の風物詩のような存在です。
ここでは年賀状の由来についてご紹介します。

 

古くから存在していた年賀状

年賀状

 

年賀状は平安時代から同じようなものが存在していたことがわかっています。
平安時代の頃、貴族が年始の挨拶としてお世話になった人や親族に、年始回りとして挨拶の手紙をしたためたそうです。
それが由来となって、貴族を中心に年始の挨拶を書いた手紙を送るようになりました。
一般にはまだ馴染みがありませんでしたが、江戸時代になると飛脚と呼ばれる仕事をする人が増えたこともあり、庶民の間でも広く普及するようになったのです。
年賀状という制度が一般に根付くようになったのは、明治4年に郵便制度が開始されたことによります。

 

恒例になったのは明治時代

年賀状

 

年賀状に元旦の消印がおされていると、一年の始まりとして幸先がよいという気持ちから、多くの人が郵便局に押し寄せて投函するということが行われることになったので、それからは現在のように年末のうちに受け付けて元旦に配達するというサービスが開始されました。
明治20年頃には年賀状を出すことが恒例行事となり、それが現在に至るまで脈々と続いています。

年賀状のネット印刷が安いのはネットスクエア!

年賀状 安い


2018年の年賀状を作るにあたって

”年賀状印刷をとにかく安くしたい”

とお探しならネットスクエアが一番です(*^^)v


スマホでも注文できますので、

安く・キレイ・簡単に印刷しちゃいましょう♪


年賀状の由来とは


ネットで安く年賀状!ネットスクエア